科目別勉強法~理系数学~

こんにちは!東京大学理科一類2年の韓です。

今回は、理系数学をどう勉強していけばいいかを、自分の体験談を交えて紹介していきます!

僕は残念ながら現役の時は落ちてしまいましたが、1浪して合格することができました。
特に現役の時は数学が足を引っ張っていたので、その経験を踏まえ、
この合否の差は何だったのかを、現・浪の勉強の仕方を比較しながら振り返っていきます。

必ずしもこれだけではないと思いますが、是非参考にしてみてください!

現役の時の経験

まず現役の時は、皆さんも似たような経験があると思いますが、
僕の高校では参考書の流行りがあり、僕自身もそれに乗っかっていました。

特にチャートや一対一対応シリーズはみんなやっていたため、
僕もとりあえず周回することを目標に活用していました。

しかしこれらは典型の解き方をインプットして似た問題を演習する形だったので、
それなりの問題は典型の解き方をなんとなく応用して解けていましたが、
難関大入試問題や東大模試の問題は解ききれない問題がほとんどでした
特に現役の時の東大模試では、完答できたことがほとんどありませんでした。

浪人の時の経験

一方浪人したときは、問題演習もしていましたがそれよりも公式の証明や原理の理解に時間をかけていました

問題演習で典型パターンを覚えるだけの勉強では、その解法がどうしてその問題で使えないのか、
どこに気を付ければいいのかがわからないため、いわゆる難問では完答をすることはとても困難です。

特に数Ⅲの極限などは、原理をしっかり理解しないとわけがわからなくなってしまいます。
しかし逆に、大抵の問題は根本のところは似ているので、原理をしっかり理解すれば応用して太刀打ちすることができます

このように理系数学の難関大の問題では、解法をただ覚えるだけでは厳しいものがでてきます。

典型問題集や難しい問題演習を繰り返すことももちろん大切ですが、
公式を自分で証明したり、大まかな概念を理解したりすることは、ある程度以上の成績を望むなら必要不可欠です。

自分で考えてもわからないときは先生に聞いたり参考書で調べたりしてみましょう!

おすすめの参考書

最後におすすめの参考書についてですが、僕は『月刊 大学への数学』を毎月買っていました。

少し難しめ~難しめレベルの問題がたくさん載っていて、ある程度基礎はできている人向けの演習として適しています。
特に後ろの方についている学力コンテストがおすすめです。

時間をかけてじっくり考え、難しい問題に取り組んで提出したら、採点されて返ってくる形になっています。
はじめは全く分かりませんでしたが、何日もかけていろいろ試行錯誤する練習を繰り返すことで、圧倒的に考える力が付きました。

基本的な学習が済んだら、他の演習と並行して取り組んでみてください。

さて次回は、科目別勉強法第5弾として〈古文・漢文〉の勉強法についての記事をアップします!
乞うご期待です!

コメントする